ガジェットTouch!

iPad mini(第5世代)を買いました。11インチPro持ちなのに買った理由まとめ

最近は自宅作業の時間が圧倒的に増えたこともあって、快適に生活ができるような環境作りを進めています。

で、その一環として最近『iPad mini(第5世代)』を購入しました。

詳細なレビューは後々紹介するとして、今回は11インチiPad Proを持っている僕がこのタイミングでiPad mini(第5世代)を購入した理由について紹介していきたいなと思います。

今回購入したiPad miniのスペック

改めて、今回購入したのは2019年に発売されたiPad mini。過去のモデルと区別するために『iPad mini(第5世代)』『iPad mini(2019)』なんて呼ばれたりもします。

本当はシルバーが欲しかったのですが、とあるキャリアで割引販売されていたセルラーモデル(SIMが入るモデル)は在庫がなかったのでスペースグレー・64GBを選択。要は「セルラーモデルの黒64GB」を買ったわけです。

実はiPad miniを使うのは2012年の初代モデル、2013年のRetinaディスプレイ搭載モデル以来、実に6年半ぶり。個人的に「初めて使ったiPad」シリーズなので、思い入れはそれなりにありますね。

家で使うにはiPad Proはオーバースペック

そもそも僕は2019年2月に『11インチiPad Pro』を購入しているので、今手元にはiPadが2台あることになります。

スペック的にも11インチiPad Proの方が良いんだから「どうしてminiが必要なんだ?」と思うかもしれませんが、以下のポイントを考慮した結果「iPad mini買うか」となりました。

  • 自宅でiPad Proを使って作業しない
  • 自宅で気軽に使えるサイズではない

1つずつ詳しく書いていきますね。

自宅でiPad Proを使って作業しない

去年の2月に購入した11インチiPad Proですが、主な使用用途は「写真の取り込み・現像」「出先でのブログ執筆」「Macほどのパワーがいらないときの外出時のお供」などで、基本的には自宅よりも外出先で使うことを想定していました。

外出先での作業を快適にするために『Magic Keyboard』を買ったりしたわけですが、ここ2ヶ月は自宅で作業することが大半。自宅のデスクには27インチのiMacがあるので、「iPad Proで作業する」ことをあえて選ばない限り、iPad Proを使う場面は多くないんですよね。

自宅で気軽に使えるサイズではない

もう一つiPad miniを買った理由として挙げられるのが「iPad Proは自宅で使うには大きい」というもの。

もちろん大画面で視聴覚コンテンツを楽しめるのは良いことなんですが、自宅はソファがないので「膝の上にiPadを置いて動画を見る」なんてことが出来ないんですよね。そうなると手で持って使うわけですが、B5版とほぼ同じサイズで約468gのタブレットを片手で持って操作するのはなかなか厳しいものがあります。

一応デスクにはタブレットスタンドを用意してはいるものの「どこかに置いて何かをする」のであれば、画面も大きなiMacでいいじゃないか!となってしまい…。

もちろん大画面でコンテンツを視聴するのは迫力もあるし非常に満足しているのですが、家で過ごす時間が増えたことで「大きいiPadの気に入らない点」が露呈してしまったわけです。

「おうち時間」に快適なiPad mini

そんなわけで購入したiPad mini、4月末に手元に届いてから半月ほど使っていますが、めちゃくちゃライフスタイルに馴染んでいます。自宅でiPadを使うときはたいてい

  • 電子書籍を読む
  • Webブラウジングをする
  • 動画を見る

ために使うことが多いのですが、iPhoneよりも大きくiPad Proより小さいという絶妙なサイズ感がすごくいい。約308gと軽いので片手で持ってもう片方の手で使うのも容易ですし、なんなら片手でも使えてしまうので最高ですね。

iPad Proとは

  • 画面サイズが小さい
  • 4方向スピーカーではない

ことが大きな違いになりますが、小説や普通の動画視聴程度であれば7.9インチのディスプレイでも十分。スピーカーに関しても、自宅では基本的にAirPods Proを使うことが多いので特に気になりませんでした。

この小ささでスペック的にも申し分なく、LINEもスマホと同一アカウントで使えてしまうので、最近は『iPhone 11 Pro Max』よりもiPad miniを使っている時間の方が多め。

個人的にはiPhoneやiPad Proよりも使い心地が良くて、ひさびさに「使っていてワクワクするモノ」だなぁと思っています。

まとめ

こんな感じで、今回は『iPad mini』を今更ながら購入した理由をざっとまとめてみました。

もちろん「iPad miniを買ったからiPad Proはいらない」というわけではなくて、例えばLightroomを使った写真編集や固定レイアウトの雑誌を読むとき、攻略情報をWebでチェックするときは大画面の方が助かります。

日常的なコンテンツ消費はiPad mini、ちょっとしたクリエイティブ作業など特定用途はiPad Proといったように、うまく使い分けていければいいなと思っています。

▼合わせて買ったり、使ったりしてるアクセサリーをまとめました▼

▼今は楽天モバイルのSIMを挿入して使用中▼