ガジェットTouch!

2,000円でエルメス気分が味わえる本革製のApple Watchバンドをレビュー

去年の頭にApple Watchを使い始めて以来、いくつか社外品のバンドを購入して試しています。

今までは比較的シンプルなバンドを買うことが多かったため少し派手なバンドを探していたのですが、Apple Watch Hermèsに近いルックスのレザーバンドを見つけたので購入してみました。

\ブラックフライデー開催中/
Amazonで購入する

2,000円台のHermès風レザーバンドをチェック

こちらが今回購入したHermès風のレザーバンド。バンド本体のほかにApple Watchに装着するシリコン製のクリアケースが付属していました。

バンド本体を取り出してみたところ。今回はApple Watch Hermès向けに展開されているバンドのうち「ドゥブルトゥールレザーストラップ」と同じ形状の、二重巻きタイプを購入しました。

購入したカラーはブルー・アイボリー・オレンジの3色が使われているもの。商品ページではこの色のほかにも多数のカラーバリエーションが用意されています。

バンドが手首に触れる2周目の部分はバンド内部に別の素材が使われており、通常の部分と比較すると厚みのある構造になっています。これによってバンドを2周巻いた場合でもApple Watch本体と高さが同じになるため、見た目の違和感が軽減されるというわけ。

手首への装着は少し手間がかかる

このバンドは手首に2回巻いた上で固定するタイプのため、通常のバンドと比較すると装着にコツが必要。まずはApple Watchを手の甲側(装着する側)に当て、バンドをそれぞれ伸ばします。この時長い方のバンド(写真左側)は手首を一周させておくことがポイント。

その後バンドを手のひら側に持ってきて、穴にピンを通して固定すれば装着完了。はじめは装着に手間も時間もかかってしまいますが使っていくうちにバンドに癖がつき装着しやすくなっていきます。

実際にバンドをつけた状態で装着してみた様子がこんな感じ。ブルー・アイボリー・オレンジの3色がかなり派手な反面、モノクロ系の服を着ることが多い僕にとってはちょうど良い手首のアクセントになりそうだなと感じます。

安価なバンドにありがちな固定部の造形が甘い、レザーの加工が甘いといった大きなマイナスポイントもなく、しばらく使っていますが特に不満はなく快適に使えています。

まとめ

こんな感じで、今回はサードパーティーから発売されているApple Watch Hermès風のレザーバンドを紹介しました。

カラーの多さと安さから少し不安になりながら購入したこのレザーバンドですが、実際に使ってみると細かい裁縫のほつれなどは気になってしまうものの全体的なクオリティは価格以上で、派手なカラーリングも良いアクセントになることからすっかり気に入ってしまいました。

価格は40mm,44mm用バンドが共に2,299円。単色も含め豊富なカラーリングが展開されているため、Apple Watch用に少し派手なルックスのバンドを探している人におすすめです。

\ブラックフライデー開催中/



Amazonで購入する

普段メインで使っているのは1000円台で購入できる本革バンド。こちらも値段以上のクオリティなのでおすすめです。