【スマホの中身 番外編】iPhone XS時代のシンプルホーム画面晒し

毎日使うiPhoneだからこそ、ホーム画面はシンプルに、そしてよく使うアプリだけを揃えたいと常日頃から思っています。

スマホの中身という連載企画でも紹介したように、基本的には上の思いに沿ってiPhoneのホーム画面は1画面でまとめているのですが、iPhone XSの購入をきっかけにホーム画面の配置を再考してみることにしました。

およそ1ヶ月の間iPhone XSを使ってきて、やっと自分の納得するホーム画面が出来たので、いつも「スマホの中身」企画で使用しているテンプレートに近い形で紹介していきます。

iPhone XS時代のホーム画面は黒壁紙

こちらがiPhone XSを購入して1ヶ月ほど経過したホーム画面。画像の右側は、iPhone 7 Plusを使用していた時のホーム画面です。

前回ホーム画面を紹介した時と基本的なホーム画面のコンセプトは変わっていませんが、いくつか微妙に変化しているところもあるので、ここからはそう行った部分を紹介していきます。

Dockに置いているアプリは7 Plus時代よりも増加

大きく変わった点の1つとして、Dockに置いているアプリが増えたというものがあります。iPhone XS時代のホーム画面でDockに置いているのは

  • Tweetbot 5
  • たすくま
  • デフォルトのカメラアプリ

の3つ。iPhone 7 Plusを使っていた頃は「たすくま」のみをDockに置いていたので、新たにアプリが2つ加わった形です。

ここ最近はなるべくiPhoneで写真を撮影するようにしていて、カメラアプリをDockの右側に置いています。

iPhone XSはスマートHDRに代表されるように、7 Plusとは比べ物にならないほどカメラの性能が向上していて、しっかりと構図や設定を決めて撮影すれば一眼レフの写真に混ぜても違和感ないレベルになったんですよね。

ちなみにDockの右側に置いているのも理由があって、ここの位置はロック画面にあるカメラボタン(iPhone X以降のみ)とほとんど同じ位置だから。ロック画面とホーム画面でアプリを開く位置を同じにしておけば、戸惑うこともありません。

Tweetbot 5もDockに入るようになったのですが、これは「よく使うから」というのはもちろんですが、ホーム画面のカラーリングを崩さないのとDockの数合わせのために置いているというような感じ。個人的にはDockのアプリ数は奇数で揃えたいタイプです。

モノトーン壁紙と1画面運用は継続

受験期だった2016年からずっと実践しているモノトーン壁紙と、ホーム画面の1画面運用は引き続き実践中。1画面に全てのアプリを収めて使う運用方法をとるようになってから不要なアプリも置かなくなり、結果的に無駄にスマートフォンを使う時間が少なくなりました。

モノトーン壁紙にするメリットやホーム画面をシンプルにまとめる方法についてはそれぞれ解説記事を書いているのですが、どちらも毎月多くの方に読んでいただけています。みんなホーム画面に悩んでるのがよく分かる。

最近おすすめのアプリは?

最近よく使っているのは、VSCOとLightroom CC。どちらもRAW撮影と高度な画像編集ができるアプリです。

よく使うようになったのはもちろんiPhone XSを使うようになったからで、VSCOもプリセットをいくつか購入して本格的に使うようになりました。

先ほども書きましたが、基本的な撮影については純正のカメラアプリで済ませてしまうことが多いので、

  • 日常のスナップショット: 純正カメラアプリ
  • ちょっと気合の入った撮影: VSCO
  • Macで編集する前提の撮影: Lightroom CC

というような使い分けをしています。

VSCO
VSCO
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
価格: 無料
Adobe Lightroom CC
Adobe Lightroom CC
カテゴリ: 写真/ビデオ, 仕事効率化
価格: 無料

3つしかアプリが入れられないとしたら何を入れる?

iPhone XS時代のホーム画面では

  • たすくま
  • Tweetbot
  • Lightroom CC

の3つを選択。

手元でタスク管理ができる「たすくま」はiPhoneにないと毎日が混乱するし、Twitterは人生なので絶対に入れておきたいアプリ。唯一カメラアプリについてはどのアプリにしようか悩みましたが、Macと双方向同期ができるようになっているLightroom CCを選びました。

まとめ

今回はiPhone XS時代のホーム画面についてサクッと紹介してみました。

おととしくらいからiPhone上に入っているアプリは基本的に変わっていないのですが、過去記事を見返してみるとその時のライフイベントがホーム画面に反映されているなと感じます。

定期的に自分のホーム画面をチェックしてみると、使わなくなったアプリが見えてきたりするものなので、皆さんもぜひやってみてください。

僕がやっているホーム画面整理の方法はこちら

iPhoneのホーム画面をシンプルに!

僕がiPhoneのアプリやホーム画面を整理するときに実践している方法は『iPhoneのホーム画面を使いやすく!1画面運用で快適ライフを実現しよう』という記事で詳しく紹介しています。

ホーム画面をリセットすることで使っていなかったアプリを見える化できるだけでなく、ホーム画面をシンプルに再構築することができます。ホーム画面を綺麗にしたいなと思っている人は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人