Quincenal第12号「無色の毎日に色を付ける話」

2週間に一度刊行しているマガジン「Quincenal」、本日お届けする第12号のテーマは「無色の毎日に色を付ける話」です。このテーマについて書いた「編集後記」の前に、まずは恒例の連載ピックアップからお送りします。

最近の連載をピックアップ

Lightroom Classic CCをフル活用するワークフローをまとめました

モバイル版のLightroomはLightroom CC、いわゆるクラウドストレージを使用して同期を行う仕組みなので、Lightroom Classicをメインに使っているとなかなか手が出しづらいアプリでした。

なんとかモバイル版Lightroomに取り込んだ写真を、クラウド経由でLightroom Classic CCの写真と同じフォルダーにダウンロードする方法は無いかとあれこれやってみたというのがこちらの記事。

結果的に問題なくモバイル版Lightroomの写真をローカルにダウンロードでき、編集した内容も即座に同期される環境ができて大満足。外出先でも気軽に写真を編集したいので、iPad Proを買おうかどうしようか迷っているところです。

金曜日の東京夜景を撮影してきた

もうすぐ生まれてから20年になるのですが、よくよく考えてみたら故郷の夜景を写真として残したことが無いなと思って、カメラ片手に夜景を撮ってきました。

夜景をどう写すか、どう現像するかは人によって千差万別だと思うのですが、今の僕にとってはこの東京夜景が一番好き。

「スマホの中身」連載の新作を公開しました

今年の2月から「スマホの中身」という連載企画をしているのですが、その第6弾を公開。今回は株式会社Co-CoのCEOで(一応)ブロガーでもある、ドラゴン山本君のiPhoneを取材してみました。

一応山本君は高校生なのですが、ホーム画面の1画面目にテスラユーザー向けのアプリが入っていたりとなかなかに強烈。これからの展望なども聞いてみたので要チェックです。

MacBook ProとiPhoneを同時充電できる充電器が便利

毎日多くのガジェット類を持ち歩いている身としては、なるべくアクセサリー類は多機能のモノを選択し、少しでも荷物を少なくしておきたいところ。今回はMacBook ProなどのUSB-C機器とiPhoneなどを同時に充電できるアダプタを購入してみました。

最大45WのUSB PD出力もあるし、iPhoneも高速に充電できるしで満足。荷物を少なくしてどんどん身軽になっていこう。

今号の1冊: 今日もていねいに。

ここ最近読んでいるのが、松浦弥太郎さんの書いた『今日もていねいに』という書籍。もともとmonographがこの本を紹介していたので存在自体は知っていたのですが、先日地元の本屋を訪れたときに偶然見かけ、思わず購入。

今までこういう文庫サイズの本ってどこか文章が硬いようなイメージを持っていたのですが、松浦さんのそれは真逆ですごく柔らかい。本の内容も頭にスッと入ってくるので、非常にサクサクと読み進められます。こういう文章が書けるようになりたい。

今号の音楽

ここ2週間で聞いている音楽を紹介するこちらのコーナー、今回は今年のベストアルバム間違いなしの「あのアルバム」が入ってきましたよ。

Perfume – Future Pop

発売日に10周した。間違いなく今年のマイベストアルバムはPerfumeの「Future Pop」です。

発売前から「新アルバムはフューチャーベースが中心だ」「歌モノはほとんど無い」なんて前評判が並んでいましたが、蓋を開けてみたらなんのその、まさに未来のポップが広がってるじゃないですか。テクノと歌という一見相反するジャンルをここまで結合させて消化できるのは絶対にPerfumeしかいない気がします。

11月に横浜アリーナ2Daysがあるのですが非常に楽しみですね(当然2Days参戦)。

Sade – Smooth Operator

最近見つけたのですが、Apple Musicに「1980年代 ヒッツビデオ」なんていうビデオプレイリストがありまして、その中に入っていったSadeを久々に聴いています。日が完全に沈んだ、日中と夜の境目の時間にきくと心地よい音楽で、思わずコーヒーを淹れたくなるほど。

Sadeはこの「Smooth Operator」以外にも「Love Is Stronger Than Pride」などいい曲が多いのでぜひ聴いてみてください、

土岐麻子 – CAN’T STOP feat.大橋トリオ

土岐麻子はカバーアルバムを出したころから聴いていてアルバムが出るととりあえず1周しているのですが、今年の5月に発売されたアルバム「SAFARI」の中ではコラボ曲でもある「CAN’T STOP」が気に入りました。

土岐麻子のアップテンポな曲ってどちらかというと明るめな曲が多かったのですが、この曲は極端に明るすぎず、かといって暗すぎることもないので、どんなタイミングでも耳に入りやすいのがいい感じです。

最近気になるモノ: ドローンが気になる

ここ最近動画に興味を持ち始めているということもあって、サクッとエモい映像が取れるドローンが気になっています。当然法律などの規制もあって気軽に飛ばすというのはなかなか難しいのですが、これ1台持っておけば旅行のたびに飛ばせそうでいい感じ。

ただネックなのが値段で、10万円近いのでサクッと買う訳にも行かないのが厳しい。来月式根島に行くのですが、その時はとりあえずレンタルでなんとかしようかなと思っています。

今号のピックアップ

今年の夏は全体的に前倒しで進んでいるような気がしていて、例年だったらまだ暑い日々が続いているのにここ数日はエアコンなしでも快適に過ごせる日々が続いています。

そんな今日のピックアップはめちゃくちゃに暑かった7月中旬にいった伊勢志摩のお話。この旅行からまだ1ヶ月しか経ってないのに、もう季節を1つ超えてしまったような気持ちです。暑いのは嫌だけど、いざ涼しいと恋しくなってしまうのはなんなんでしょうね…。

編集後記: 無色の毎日に色を付ける

夏休みが始まってもうすぐ3週間、ブログのあれこれについて悩んだり、インターン先でのライティングをこなす日々を過ごしていますが、なんとなく「色付いてないなあ」と思うことがあります。

この場合の「色」は、毎日ルーチン的な生活の日々にパッと映える特別な出来事といった感じで、流石に3週間ほとんど毎日似たような生活をしているとさすがに飽きてくるというか、なにか非日常的なことが欲しくなるんですよね。

ルーチン的な生活は続けてもいいので、なにか違うことを始めたい今日この頃。お気に入りのカフェを見つけるとか、毎日写真を撮ってみるとか。

ルーチンに近い僕の日常はまさに「無色」なので、鮮やかな色が差し込めるようにまた2週間頑張っていこうと思います。

ーーーこんな感じで隔週刊の「Quincenal」第12号をお届けしました。

感想・コメントはぜひこのURLを含んだツイート、もしくは僕のTwitterアカウントでお寄せください。

バックナンバーはこちら

▼ 第11号「自由に生きるを体験する。」

▼ 第10号「受け継ぐモノと受け継がないモノの話」

▼ 第9号「モノとモノ語りと物語」

スポンサーリンク

この記事を書いた人