Quincenal第7号「定める。」

本日もご覧いただきありがとうございます!主筆のてんび〜(@_tenbi)です。

2週間に一度刊行しているマガジン「Quincenal」、本日お届けする第7号のテーマは「定める。」です。このテーマについて書いた「編集後記」の前に、まずは恒例の連載ピックアップからお送りします。

最近の連載をピックアップ

MacBook Proが欲しかったんだ…!

去年の春からずっと欲しかったMacBook Proへの物欲が抑えきれず、polcaというフレンドファンディングアプリを活用して資金援助をお願いしました。目標金額である3万円に到達する前に購入できる目処が立ったので、買えるのにこれ以上援助していただいても…と思いプロジェクトを終了させ購入。

先日10日に無事に到着し、この記事もMacBook Proを使用して執筆しています。詳しい記事についてはこの後どんどん書いていく予定なのでお楽しみに。

SIMGAの標準ズームレンズで撮った風景

先日思わぬ形で入手したSIGMAの標準ズームレンズ「24-70mm F2.8 DG OS HSM Art」を愛機のNikon D810に付けて撮影した画像をまとめてブログに掲載。Nikonのレンズよりも発色が綺麗で、すっかりお気に入りのレンズになってしまいました。

とはいえ単焦点は単焦点なりの良さもあるので、このレンズをメインにしつつも単焦点を持ち歩くという生活がしばらく続きそうな予感です。

SDカードを新調して撮影を快適に

6年前にMacBook Airを購入した際に同時に購入したSDXCカード。

64GBの容量があるということで、パソコン向けに使用しなくなってからはD810の記録様として使用してきたのですが、本体にヒビが入ってきてさすがに継続使用が困難な状況になってしまいました。

これを機に高画素機でも使用できるSDカードにしようと思って購入したのがSanDiskのExtreme Proシリーズ。普段連写をする機会は少ないので恩恵を100%受けられているわけではないのですが、PCへの取り込みやプレビュー時のちょっとした待機時間が短縮されていて良い感じです。

ヘッドホンに定位置を作ろう

デスクにちょっとした工夫を。ヘッドホンハンガーをデスク下に置いて定位置を作る

デスクの上で乱雑に置かれがちな僕のヘッドホンに定位置を作ってあげるべく、DIYしたデスクの下にヘッドホンハンガーという製品を取り付けてみました。所要時間3分でデスクの上を綺麗に、かつヘッドホンが取りやすくなったので、もっと早く買うべきだったと実感。

清澄白河スポット2連発

SIGMAのレンズを持って彼女と出かけた清澄白河。その際に訪れたハンバーガー屋とジェラート屋をそれぞれ記事にまとめました。かたやランチに最適なお店、かたや全国に展開しているショップということで、清澄白河を訪れた際にはぜひ行ってみて欲しいスポットです。

休日は大崎で快適ノマドライフ。

僕の通学定期圏内に入っている大崎。今まで「何もない街」だと思い込んでいてなんとなく電車を降りることがなかったのですが、空いているカフェを求めてふと降りてみたら、外での作業に最適なスポットでした。

ちょうどこの記事も大崎で書いているのですが、静かな環境で集中して作業できるのでおすすめです。

表参道のランチに困ったらここ

アパレル系のテナントが多いという印象が強くてなかなかランチに良さげな場所が見つからない表参道ですが、先日やっと「リバーカフェ」というランチに最適なスポットを見つけました。

僕は基本的に大戸屋や五右衛門など、どちらかというと和食に寄ったご飯の方が好きなので、よく行くところに和食が食べられるスポットを確保できたのは結構嬉しい。

今号の1冊: ミニマリスト本

前回のQuincenalでも紹介したしぶさん(@SIBU__)の著作『手ぶらで生きる』を引き続き読み進めています。

上のツイートにもある通り、Bloggers Tea Partyというコミュニティのオフライン会にてたまたましぶさんとお会いし、サインまで頂いてしまった…!発売初日に重版も決まったようで、ミニマリストの新しい形がさらに世間に広まっていく予感。

今号の音楽

ここ最近聴いている音楽を紹介するこのコーナー、本日は少し軽めに2曲をご紹介。

吉澤嘉代子 – 残ってる

ブログ「このピザあなたと半分こ」を運営しているピザから教えてもらった吉澤嘉代子という女性ソロシンガーの「残ってる」という楽曲を紹介。

どこか椎名林檎を思わせるような高音の響きと、見るだけで脳内に情景が思い浮かんでくるような歌詞、どうして今まで知らなかったんだろう(アンテナの範囲が狭いだけ)。

調べてみたところ去年にはROCK IN JAPANへの出演も果たしているようで、今後にめっちゃ期待できる女性シンガーです。もっと他の曲も聞いてみたい。

松任谷由実 – 青春のリグレット

2曲目に紹介するのは松任谷由実の「青春のリグレット」という楽曲。

ユーミンがこのコーナーに登場するのは2度目で1度目は「シンデレラ・エクスプレス」を紹介したのですが、今回の「青春のリグレット」は収録されているアルバムが同じ(「DA・DI・DA」というアルバム)。

曲順も「シンデレラ・エクスプレス」の次に当たるので、アルバムを聴いていると自然と耳に入ってくることが多いのですが、ここ最近意識的に聞くようになって以来「これは『シンデレラ・エクスプレス』と並ぶ名曲では?」と思うようになってきました。

この曲も先ほどの「残ってる」同様に歌詞が素晴らしくて。

私を許さないで 憎んでも 覚えてて

なんて歌詞、とてもじゃないけどユーミン以外に書けるとは思えないのですがいかがでしょう。

埋め込んでいるのは1995年前後のライブ映像なのですが、同曲のライブ映像としてはこの時期のものが最も脂が乗っていて好きです。

最近気になるモノ: LGの4Kモニター

物欲は買うことでしか抑えられない、というのは僕が提唱している理論なのですが、今回の物欲はなかなかに強烈。MacBook Proを購入したと思ったら今度はそれを接続する4Kモニターが気になって仕方ありません。

USB-C接続のできる上位モデルはなかなかのお値段なのですが、Display PortとHDMIの2系統にのみ対応しているこのモデルであればそこまで値段も高くないし…。LINE Payで貯めたポイントも1万円分あるし…古いMacを売却したお金もあるし…ねえ。もしかすると次回のQuincenalあたりには購入しているかもしれません。

今号のピックアップ

最長9連休だったゴールデンウィークも終わり、次の3連休は7月の海の日までありません(なんと!)。

しばらく平日5日・休日2日の生活が続きますが、そんなタイミングだからこそあなたに読んでほしいのが「たまには何もしない1日を送ろう」というメッセージを込めたこちらの記事。

普段ずっと考えていることを一度横に置いて、ゆっくりと流れていく時間の中で「本当にやりたいこと」について考えてみる。そんな時間がたまにはあってもいいのではないでしょうか。

編集後記: 定める。

このマガジンを書いている今日、午後から【#DreamShape】「価値観」をビジネスにする働き方 | Peatixというイベントに参加してきました。そこでのお話はまた別の機会に掘り下げたいと思っているのですが、「これは共感できる」というものがあったのでその話をしようと思います。

僕が最も共感できたのは「ツール・肩書きが先にあるからこそ、本当にやりたいことが見えてくる」という一連の流れ。

登壇された木村さん、龍崎さんはいずれもウクレレ奏者・ホテルプロデューサーとして注目を浴びていますが、彼らはウクレレ・ホテルそれ自体が重要なのではなくて、自分たちの価値観として持っている「人と人を繋げたい」「選択肢の多い社会を作りたい」を実現させるためにウクレレ・ホテルという「ツール」を使っているといいます。

ただし、その価値観であったり実現したいことはすぐに見つかるとは限らないし、自分のアイデンティティに合致するかも分からない。

だからこそ、先に名乗ってしまったりツールを活用してしまって、それらの活動を通じて「やりたいこと」を見つけるのがいいのではないか。

…とかなり要約するとこのような話でした。

僕自身、名乗ってしまえばどうにでもなると思っている節はあって。
中学生のときに中学生ブロガーなんて名乗っていたのも、「中学生なのにブログを書いていて、大人ばかりの世界に飛び込んできている」という印象を多くの人に与えるため。実際「中学生ブロガー」と名乗ることによって、多くの人から注目を浴びることに成功していました。

でも大学生になって実感するのは「別に大学生でブログ書いてるやつなんていっぱいいるじゃん」という点。これを実感してからは「大学生ブロガーです」と名乗ることはほぼしなくなりました。

「ツール・肩書きが先にあるからこそ、本当にやりたいことが見えてくる」

正直な話をすると、ここ最近将来について悩むことも少なくありません。特異な人生を送ってきたからこそなのか思う「本当にやりたいことってなんなんだろう?」という悩み。

「大学生、ブロガーの2つだけでなく、もう1つキャッチーな肩書きがあるといいよね」なんてフレッシュ師匠には言われましたが、そのもう1つの肩書きにたどり着くにはもう少し時間がかかりそうです。


ーーーこんな感じで隔週刊の「Quincenal」第7号をお届けしました。

自分自身ちょっとこのままではまずいかなと感じているからなのか、はたまた20歳を目前に控えているからなのか、何かと悩みが増えがちなここ最近。目の前の目標でも、その先の夢でも、とにかくしっかりと狙いを「定めて」取り組んでいく事が大事かなと感じています。

この記事を読んでいるあなたは、僕と同じように「将来やりたいこと」で悩んだ経験はありますか?感想・コメントはぜひこのURLを含んだツイート、もしくは僕のTwitterアカウントでお寄せください。

それではまた。

バックナンバーにも触れてみて

▼ 第6号「シティポップ」

▼ 第5号「『エモい』とわたし」

▼ 第4号「飛べ、飛べ、飛べ」

スポンサーリンク

この記事を書いた人