ガジェットTouch!

2020年に買ったガジェット総まとめ

ベストバイ・ワーストバイ企画をブログでやろうと思っても、毎年買ってるものが多すぎると忘れてしまってノミネートされないモノが結構あるんですよね。

でこにくというブログを書いている友人のでこいさんが「2020年に買ったガジェット総まとめ」という記事を書いていたので、今回は企画をそのままお借りして、僕が今年に買ったガジェットを良かったもの・悪かったもの問わずにまとめていきたいと思います。

モバイルバッテリー・充電器

Anker PowerPort Atom III Slim 30W

のちに紹介するMacBook Airと合わせて購入した充電器です。

MacBook Airを純正充電器と同等の速度で充電できる30W出力で、フリスク並みにコンパクト。複数ポートを搭載した充電器を持ち歩くこともありましたが、今はこの充電器に落ち着いていますね。

Anker PowerPort Atom III Slim(4 Port)

45WのUSB PDに対応していて、珍しい横スリムなタイプのマルチポート充電器。

デスク下に貼り付けて使っていたのですが、引っ越しとそれに伴うデスク環境見直しの過程で使わなくなってしまって、今はクローゼットの中…。USB Type-Cがもう一つあるとかなり便利なんですけどね。

Anker PowerCore III Fusion

2年前くらいに大ヒットした「プラグ付きモバイルバッテリー」の後継モデルということで購入した、18WのUSB PDに対応したプラグ付きモバブー。

便利なのは便利なんですけど、5000mAh・18W充電器にしては今やかなり大型の部類になってしまったので、いざというときにあると便利枠としてずっとバックパックの中に入ってます…。GaN採用バッテリーが増えすぎたのが悪い。

Baseus 65W PD充電器

45Wと18WのPD対応USB Type-Cと、QuickCharge 3.0対応USB Type-Aを搭載したマルチポート充電器。

複数ポート搭載の充電器はこれまでもあったんですが、その中でもトップクラスに小さくて持ち運びしやすい(かつプラグが折り畳める!)ので、いくつか買ってデスク周りやガジェットポーチの中に収納しています。

中華製品ですがしっかりPSEマーク付きなので安心ですね。

Novoo PowerCube 5000mAh

スマホのバッテリー持ちも伸びたことだし小さいモバイルバッテリーが欲しい!ということで購入したモバイルバッテリー。

18WのUSB PDに対応しているので使い勝手はすごく良いのですが、例の感染症の影響で外出することがなくなったり、外出しても短時間で済ませることが多くなってしまい「モバブーいらなくね?」という気持ちになってます…。

MagSafe充電器(純正)

iPhone 12 Pro Maxと合わせて購入したApple純正のMagSafe充電器。

購入するまでは「USB-C to Lightningで急速充電するしな」と思っていましたが、ケーブルを接続しなくてもそれなりの速さでiPhoneを充電できるのはかなり便利。実際、iPhone 12 Pro Maxは購入から1ヶ月半で1回もケーブル接続してない。

MagSafe搭載モバイルバッテリー

11月末くらいにAmazonで見つけて「MagSafe使えなくても5000mAhのモバブーとして使えばいいか」と思って購入した一品。

実際届いてみたらMagSafeも有線接続も問題なく使えてしまった上、それなりに薄型で持ち運びしやすいので最近はメインのモバブーとして活躍しています。

SatechiのApple Watch充電ドック

Apple Watchを充電するためにいちいちケーブル持ち歩くの面倒だな…と思っていたところに登場した、USB Type-Cから直接Apple Watchを充電できるドック。

ケーブルレスでコンパクトだし、モバイルバッテリーからも充電できるようになったので、うっかり充電を忘れてしまった時でも安心していられるのが強いですね。

Hyper Juice

クレジットカードとほぼ同サイズで100W出力に対応した、USB Type-CとType-Aを2つずつ搭載したGaN採用の充電器。

コンセントに直接つないで使えるのが便利ではあるのですが、充電器自体の重さによってコンセントから抜けてしまったり、そもそも占有する面積が多くてほかのコンセントが使えなくなってしまうのがちょっと残念かなあという感じですね。旅行用のポーチに入れてあるのですが、こういうご時世なので使ってる回数はかなり少ないです。

スマートフォン・タブレット

続いてはスマートフォン・タブレットやその周辺機器周り。

Pixel 4

今年最初に購入したのはGoogleのスマートフォン『Pixel 4』でした。もともとPixel 3 XLを使っていたのですが、もう少しコンパクトで扱いやすいスマホがいいな〜と思って購入。

デュアルカメラになって画質もよくなり、端末自体の使い心地もすごくよかったのですが、例の感染症の影響でマスクが手放せなくなってしまい、顔認証が全く使えなくなってしまった(それに外出しなくなった)ことが原因で売却。いいスマホだったけどね…。

Galaxy S20 5G SC-51A

続いて4月に購入したのが『Galaxy S20 5G SC-51A』。ドコモ5Gのサービスインに合わせて登場したスマホで、Pixel 3 XLから機種変更する形で手に入れました。

入手した当日にファーストインプレッションを公開してはいたんですが、8ヶ月経過してもレビューが公開されてないうえ、もう手元にこのスマホはありません(僕がこのスマホにどういう印象を持ってたか察してほしい)。レビュー自体は書きます。

iPhone SE(2020)

5月に購入したスマートフォンは『iPhone SE(2020)』でした。

iPhone 11シリーズと同じCPUが載ってて、コンパクトで安くて、そのうえ時代に配慮したのか指紋認証搭載って最高では!?という気持ちで購入したのですが、そもそもiPhoneは2台も必要じゃなかったんですよね。知ってた。

Pixel 4a

先述したGalaxy S20 5Gで「やっぱりAndroidは純正に限るな」と反省して11月(確か)に購入したのがGoogleのスマホ『Pixel 4a』。

程よくコンパクトかつ不満のないスペックで、指紋認証も搭載されているのでサブとしては最高のスマホですね。今まで手にしたAndroid端末で一番使ってるかも。レビューはちゃんと書きます。

iPhone 12 Pro Max

同じく11月に購入したのが『iPhone 12 Pro Max』。iPhoneは数年前から一番大きいモデルを選ぶようにしているので、今回もそれに倣って「Max」にしました。

普段の使い勝手はこれまで使ってきたiPhone 11 Pro Maxとほぼ変わらないのですが、ホワイトバランスが改善されていたりDolby VisionのHDR動画が最高だったりと、カメラ周りはかなり進化しているな〜と感じます。

iPhone 5ぶりにホワイト・シルバー系のカラーを使っているんですが、見た目の高級感が未だかつてないくらいにあってケースなしで使ってますね。新色にしなくてよかった。

iPad mini 5

ドコモ版がめちゃくちゃ安くなっていてうっかり購入してしまったのが『iPad mini 5』。iPad miniは2013年のmini 2以来ですが、いつ使ってもこのサイズ感はロマンに溢れていて良いですね。ただまあそろそろデザインが古臭くなってきてる気も…。

iPad Proの11インチをアウトプットマシンとして使っているので、主にベッドやデスクで雑にインプット作業をしたい時に活用しています。

iPad Pro用Magic Keyboard

iPad ProがMacライクに使える!と思って発売日にポチったiPad Pro用のMagic Keyboard。自粛期間に発売されたこともあって2ヶ月くらいはiPadの充電ドックになってしまったのですが、最近は割と外で使うことも多くなりましたね。

iPad Proはある程度ならMacBook Airよりもバッテリーが持つしSIMも刺さってるので、Mac持ち歩くほどではないけどブログ書きたいな〜とか、外出先でちょっと作業したい時に持ち歩いてます。

Apple Watch Series 5

Apple Watchを買い替えたいな〜と思っていたら、ちょうど当時使ってたApple Watch Series 4を買い取ってくれる友人が現れたので買ってしまったやつ。どうせならちょっと良いモデルにしようと思ってステンレススチールにしちゃいました。

正直セルラーモデルにしたところでWatch単体で出かけることはないですし、ケースの素材がアルミ→ステンレスに変わったくらいしか変化はないですけど、時計の常時表示ができるのは便利ですね。

Xiaomi Mi Smart Band 4

今年の2月にAmazonで購入した履歴がありました。Apple Watch持ってるのに使うわけがなかったんや…ごめんな…。

パソコン

パソコンって普通は数年に1台なはずなのに、なんで今年こんなに買ってるんだろうってくらい買ってましたね。

iMac 2017年モデル

YouTuberをやってる友人から「言い値で売るよ」と言われて購入してしまった2017年モデルのiMac。

3年前のモデルではあるんですけど、当時使っていた同年モデルのMacBook Proと比較するとまだまだ快適に使えるスペックだったので、写真現像・動画編集などゴリゴリに活躍してくれました。

ThinkPad E495

人生で初めてまともにWindowsを使ってみようかな〜と思っていたところ、もろもろの割引込みで実質3万円くらいで買えてしまったパソコン。

メモリやSSDを後から換装して、32GB RAM/1TB SSDというノートPCにあるまじきスペックにしたんですが、それでも6万円かからなかったので超お買い得でした。このマシンがきっかけで自作PCを組むことになってしまう…。

Ryzen 9で組んだ自作PC

「まだMacで消耗してるの?」「まだ物理コア1桁なの?」という圧に負けて組んでしまった自作PC。基本は毎日パソコン組んでるでこにくのでこいさんから譲り受けたパーツを中心に、ストレージやCPUクーラーを新たに組み込んだりしました。

Twitterしたり写真を現像したりゲームをすることが多いのですが、今までの環境とは比べ物にならないくらい快適で、スペックだけで言ってしまうともうMacには戻りたくないですね。

MacBook Air 2020(Intel)

MacBook Proを売却したので、ノートPC兼検証用Macがないと困るな〜と思って購入したのが、2020年モデルのMacBook Air。M1チップが搭載される直前のいわゆるIntel最終モデルです。

正直M1 Macはすごく魅力的なんですが、どうしてもアプリの安定性を考えるとIntelマシンがまだまだ手放せないんですよね。その点ちょうど良いタイミングで買えたのかも。

デスク周りの製品

1日の半分くらいいるデスク周り、今年もめちゃくちゃ投資しました(回収しないと)。

オカムラ・コンテッサ

自粛期間に入ったと同時に腰が爆発してしまい、良いオフィスチェアほしい…と思って購入したのがオカムラのコンテッサ。

定価は25万円くらいですけど、在宅勤務・オフィス解約の流れで中古オフィスチェアが大量に流れてきていたタイミングだったので10万円で購入できました。座り心地もめちゃくちゃ良いし長時間座っていても楽なので、0円どころかプラスですね。

来年からも在宅ワーカーなので活躍してくれそう。

LG 43UN700T-B

自作PCを組むと同時に導入した43インチの4Kモニター。43インチもあると4Kをドットバイドット出力できるので、作業環境がめちゃくちゃ広くなりました。

ちょうど最近まで卒業論文を書いていたのですが、先行研究・タスク・Word・ブラウザ・雑誌資料を1画面に出していてもごちゃつかなかったので作業効率はめちゃくちゃ高かったですね。下手にデュアルモニターにするより大きいモニター買った方がいいですよ。

Pixio PX248 Prime

夏くらいからVALORANTというゲームをやるようになり、144Hzで安いモニターが欲しくなって「サブモニターとしても使えるから…」と購入したゲーミングモニター。2万円ちょいなのにIPSパネル・144Hzとコスパはめちゃくちゃ良いですね。これを使い始めてK/D上がりました。

もちろんゲームに限らずサブモニターとしても使えるので、普段はLINEやSlackなど連絡ツールやタスク管理アプリを常駐させてます。

Bauhutte ロングモニターアームGS BMA-1GS-BK

サブモニターと一緒に買ったモニターアーム。3,000円くらいの安いやつでも全然よかったんですけど、43インチモニターを使っているとこれくらいアームが長くないとデスクの中心に持ってこれないんですよ…。

ゲームをするときはこんな感じでデスク中央に持ってきて使ってます。

Logicool G703h

VALORANTをやるようになって購入した初めてのゲーミングマウス。軽いしボタンも押しやすくてよかったんですけど、設定用の『G HUB』というソフトがめちゃくちゃ使いにくくてすぐに売却してしまいました。

Razer Basilisk Ultimate

G703hの次に購入したのがRazerのBasilisk Ultimate。

マウスの軽さでいうと同じRazerの『Viper Ultimate』の方が軽いんですけど、使えるボタンが多くてゲーム以外でも使いやすそうだったこっちを選びました。充電ドックに載せるだけでマウスが充電できるのはめちゃくちゃ良いですね。

Razer Tartarus V2

HHKBでゲームするのしんどい!と思っていたところ、でこにくのでこいさんに薦められて購入してみた左手デバイス。ゲームで必要な操作を全部このデバイスでできるのでめちゃくちゃ快適になりましたね。

もちろんゲーム以外でもキー割り当てを行えば活用できるので、Lightroom用・Photoshop用にそれぞれキーマップを作成して使っています。ショートカットもキー1つで実行できるので効率はめちゃくちゃ上がりましたね。

audio-technica AT2020USB+

大学が全部オンラインになってしまったので、どうせなら良い環境で発表や発言がしたいな〜と思って購入したコンデンサーマイク。

USBでPCと接続できてオーディオインターフェイス要らずだったので手軽かつ快適に使えていました。が、2人暮らしをするようになって自分以外の声がマイクに入ってしまうことが多かったので売却しました。

audio-technica ATR2100x-USB

AT2020USB+から乗り換えた先のマイクがこれ。

ダイナミックマイクということで自分以外の音も入りにくくなっただけでなく、USB Type-Cで接続できるようになったので使い勝手が上がりました。オンライン授業やビデオ通話、ゲームのボイスチャットなど色々活躍してます。

Neewerのマイクアーム

デスク環境を整える過程でマイクアームが欲しくなって購入したのがNeewerのやつ。

RODEのPSA1というマイクアームにそっくり(ほぼ同じ)の製品なんですが、本家の半額以下で買えます。アームのスプリングが内部に収納されているのでめちゃくちゃ見た目がスッキリしてて良い。

ビデオ通話やボイスチャットをするときはこんな感じで使ってます。

Hue Play Bar

2019年の暮れに1本持ってはいたんですけど、43インチモニター購入に合わせて買い足しました。夜中に作業するときはモニター裏のこの2本のライトだけで十分な光量が確保できて良い感じです。

かなでもののデスク天板

引っ越しのタイミングでDIYしたデスクを置いてきたので、新しい天板が必要だな~と思って「かなでもの」の天板を購入しました。縦横のサイズや材質が選べ、ホームセンターで売られてる集成材よりも(こころなしか)しっかりしてそうなので良い感じです。

サンワサプライのケーブルトレー

これも近々レビュー書かなければと思っているのですが、デスク周りの配線を整理するために購入したサンワサプライのケーブルトレーが大当たりでした。

画像中央奥側の黒い横長のモノがそれなんですけど、トレーの中にケーブルをまとめて入れておくだけでまるでケーブルレスかのようなデスク下に。もちろんトレーの中もある程度整理しなきゃいけないんですが、デスクまわりのモノの中で一番買ってよかったものかもしれない…。

Synology DS220j

Lightroomのファイルを保存したり、テレビで動画ファイルなどを気軽に閲覧するために購入したNAS。もともと実家に導入して便利なのは分かっていたので、内蔵するHDDの容量を6TBに増やして再度購入した感じです。

今の家に引っ越してきてからはLANハブを経由してPC・TVとは有線で接続できているので、PCに内蔵しているディスクとほぼ変わらない速度で読み書きできています。良い感じ。

バッファロー WXR-5700AX7S/N

新居に引っ越すにあたってインターネット環境は出来る限り最強にしたいな~と思って購入したWiFiルーター。OCNバーチャルコネクト対応なので、OCN光やドコモ光(ドコモnet)だと「IPv4 over IPv6」が使えます。

自宅の環境では無線でも大体400Mbpsくらい出るし、使っていて急にルーターが落ちるようなこともないので今のところ最高です。

Elgato Game Capture HD60 S

α7R IIIをWebカメラとして使ったり、PC上でゲームを録画・配信するために購入したキャプチャーボードです。

当時は「どうせなら4K対応版にすればよかった…」と思っていたのですが、最近はもっぱらWebカメラ目的にしか使っていないので、結果的にこいつで十分でしたね。

SHURE SE215 Special Edition

オンライン授業を受けるときにヘッドホンなのはさすがに見た目がゴツいな~と思って5年ぶりくらいに購入したSE215。

出音の傾向が個人的に好みなので、Web会議・オンライン授業に限らず音楽を聴くときにも使ってます。

ソニー WH-1000XM4

WH-1000XM3から買い替えで入手したソニーのノイキャンヘッドホン。WH-1000XM3では出来なかったマルチポイント接続が出来るようになったので、家でも外でも今までより快適に使えるようになりました。

自宅では昨年末に購入したCAS-1というオーディオシステムに接続してハイレゾ音源を聴いたり、VALORANTをプレイするときのヘッドホンとして活用しています。

カメラ周りの製品

今年はなんとボディ買わなかったんですよ。偉くない?

フジフイルム XF90mm F2

最初に買ったカメラ周りの製品はXF90mm。厳密にいうと2019年の大晦日くらいに届いたんですが、引き落としが2020年だったので実質2020年の買い物でしょう。

フルサイズ換算135mm相当とスナップには最高の焦点距離で、フジXマウントレンズの中でもトップの解像感。フジを使っている間はすべての旅行に持っていったくらいお気に入りの一本です。これをソニーで出して欲しい…。

フォクトレンダー NOKTON Classic 35mm F1.4

α7R IIIで使える手頃なサイズ感のレンズが欲しいな~と思って購入した35mmのレンズ。マニュアルフォーカスですが、電子接点が付いているのでピーキングが使えます。フォーカスリングも程よい固さなのでピント合わせしやすく、MFレンズにあるまじき使いやすさ。

最近はこのレンズばっかりつけて出かけることが多いですね。

Carl Zeiss Batis 2.8/135

フジフイルムを手放すタイミングで「ソニーで使える135mmのレンズが欲しい!」と思い、3本あるレンズの中から選んだのがBatis。

びっくりする値段ではありますが、軽量で手ブレ補正も付いているので取り回しがしやすく、結果的に良い選択をしたな~と思っています。惜しむらくは外出の少なさよ…。

GODOX Godox Thinklite TT350S

今までブツ撮りはストロボなしでやっていたんですが、引っ越しに伴って今まで通りの光量を確保するのが難しくなったので購入。

最近のブツ撮りはこれを使っているんですが、簡単に光量も確保できるし、時間に縛られずに撮影できるようになったので自由度が上がりましたね。

SIRUI テーブル三脚 3T-35K

オンライン授業を受ける時はα7R IIIをWebカメラとして使っているんですが、ちょうどいい高さの三脚がなくて毎回設置に苦労していたので購入しました。

足の部分がスリムなので場所取らないし、使わない時はコンパクトに収納できるので使い勝手が良い感じです。

東洋リビング オートクリーンドライ ED-120CA

実家に住んでた頃は実家の防湿庫を使っていたのですが、引っ越してしまうと防湿庫がなくなってしまうので購入しました。

一度手持ちのレンズをカビさせてしまったので、防湿庫は必需品ですね。2人ともカメラを複数台持ってるので、120Lが結構パンパンです。

生活家電たち

新生活を始めたので生活家電もたくさん買いました。

パナソニック NA-VX900BL-W

一番買ってよかったな〜と思うのがパナソニックのドラム式洗濯機です。

もともと食洗機も買うつもりだったのですが、水栓の都合で狙っていたモデルが買えなくなってしまい「じゃあ洗濯機のグレードを上げよう!」と最上位モデルを購入しました。

洗剤の自動投入・スマホからの遠隔操作など細かい使い勝手はもちろんですが、なんといっても洗濯物を放り込んでボタンを押すだけで乾燥までやってくれるのは最高ですね。QOLが間違いなく上がった。

ソニー サウンドバー HT-X8500

広いリビングに住むんだからテレビの視聴環境を向上させたいな〜と思って購入しました。テレビに接続するだけで迫力ある音になったのでかなり満足しています。

Bluetoothでスマホなどの音楽も流せるので、レコードを聴きたくなった時はBluetooth出力に対応しているプレイヤーと接続して使ってます。便利だ…。

Echo Show 5

スマートホーム環境をAlexaで構築することにしたので購入したEcho Show 5。ダイニングテーブルに置いていて、音楽を流したり時計を表示させたり、はたまた音声コントロールのマシンとして使っています。

Googleアシスタントと比べるとちょっとバカだな〜と思う時もありますが、それ以外に不満はないので及第点ですね。

Philips Hueライト

スマートホーム環境構築のため、今まで持っていたモノに加えてHueライトを買い足しました。
一時期別メーカーの電球も混ぜて使っていたのですが、やっぱりメーカーが統一されると操作や連携も楽で良いですね。

Nintendo Switch

俺はNintendo Switchで遊びたいんじゃなくて「どうぶつの森」で遊んでるみんなに遅れたくないだけだったんだなって、振り返ると思います。

Nintendo Switch Lite

俺はNintendo Switchで遊びたいんじゃなくて「どうぶつの森」で遊んでるみんなに遅れたくないだけだったんだなって、振り返ると思います(2回目)。

Harman Kardon NEO

お風呂で使える防水のスピーカーが欲しくなって購入した製品。

USB Type-Cでの充電に対応してるスピーカーってなかなか数が少なくて、まともに使えるのがこれくらいだったんですよね…。音質も風呂で使うと考えれば必要十分すぎますし、普通に快適です。

まとめ: 来年は考えてモノを買いたい

こんな感じで、今回は2020年に買ったガジェット総まとめということで、良かったもの・悪かったものを問わずにまとめました。

毎年「来年はちゃんと考えて買いたい」って言ってるはずなんですけど、カロリーと違って物欲は年を跨いでしまうので仕方ないよね…。

ここ数年たくさんモノを買って持ってる資産としては十分すぎる位になったので、今度こそ来年以降は考えてモノを(たくさん)買いたいなと思います。